サロン運営のヒント

アクセス解析の重要性

提供させていただいている、アクセス解析を行って現状分析を行い、改善を図るサービスを提供しています。

アクセス解析は、改善を図る上でとても重要ですが、それだけでなくサロン運営を行っていく上での指針を決めることが可能です。

今までは「来た人数」だけだった

アクセスログというのが過去にありました。

これは、ホームページに訪れた方の人数を計測するもので、「今日は何人きたな。」ということを測ることができるものです。

広告などの結果をみることには良いかもしれませんが、何人きたかしかわかりません。

アクセス解析を使えば単純な訪問数だけでなく様々なことがわかります。

こんなことがわかるアクセス解析

アクセス解析は人数の確認だけでなく、改善の為の分析や今後の指標などがわかります。

ユーザーの傾向がわかる

今まで、地域や使っているPCのサイズや、どのデバイスを使っているかなどがわかっていました。

最近では、ユーザーの年齢と性別などもわかります。さらに、ユーザーの興味関心や購買意向の強いジャンルなどまでわかります。

これにより広告の反響で、正しいターゲットに届けられているかや、見られている年齢層に合わせて今後の広告の調整なども行えます。

集客の経緯がわかる

どの参照元からお客様が見られたかがわかります。

これにより、どの広告から来られたかがわかるため、どの広告に今後予算を配分していくかがわかります。

数だけでなく各チャネルごとに流入してからの滞在時間や閲覧ページ数もわかるため、「数は集めているのに成果に繋がっていない原因」なども明確にわかります。

また、ホームページへの流入キーワードなどもわかりますので、ユーザーの持つニーズを明確化することができます。

ユーザーの行動がわかる

ユーザーがホームページに来られた際の行動がわかります。

例えば、サイト内の回遊率が高いにもかかわらず、最終的な購入やお問い合わせにつながっていない場合、動線が悪いか、フォームが悪いか、価格が適当でないかなど、様々な仮説を立て、検証ができます。

これを繰り返すことで、成果を高めていくことが可能です。

セールスファネルの考え方

ファネルとは、漏斗のことを言います。

セールスファネルはそれぞれの店舗の目的をゴールとして、集客からゴールまでの道のりを決めます。

例えば、お店にリピーターとして二回以上来店してもらうことを目的としていれば、集客の方法なども変わってきます。

数を増やすことを目的であれば、フリーペーパーやWEB広告を大量に投下すれば良いかもしれませんが、リピート目的の場合はまた別の方法を取る必要があります。

リピートにつながりやすい方法を取るには、価格の安さを目的としている人を大量に集めてしまうと、次につながりにくいかもしれません。

集客からリピートにつなげるには、お店の施術や施術者に興味関心がある人を最初から獲得するのが効率の良い方法となります。

集客段階からある程度ターゲットを絞って、広告を出し、来店いただき施術を行った後も、ブログやメルマガでお客様にお役立ち情報やお得情報を発信し、お客様との関係性を保持したり、興味関心を持ち続けてもらう必要があります。

このように、個々のメディアをぶつ切りではなく、目的に対してどうアプローチするかが重要となります。

各段階でA/Bテストを実施する

「このようなプロモーションの経路を辿って、二回目予約につなげよう」という仮説を立てたら、お客様が実際にその通りの行動に至っているかを分析していく必要があります。

・広告の段階では、狙った通りのユーザーがきてくれているかどうか。キーワードや広告内容は正しいかどうか。

・来店時は、アンケートなどの結果が狙った感想が返ってきているかどうかなど

・メルマガキャンペーンでは、一件のメールに対して、メールの開封率はどの程度か?どの内容が開封されるか?ホームページに狙い通り遷移しているかどうか

などなど、ひとつひとつの項目で分析と改善を繰り返すことで、最終的な目的へとつなげます。

この仮説と検証の方法は、一つの項目での数(例えば広告を1回打った場合の反応率)が上がり、次の項目へと進めていけば、最終的な来店予約や、商品の購入などの目的の数を大幅に増やすことが可能です。

面倒な部分や若干の専門性も高いので、まずは現状分析からご相談いただければと思います。

アクセス解析現状分析 改善案

無料課題相談はこちら